ETV特集

ドキュメンタリー/教養

ETV特集 選「ぼくは しんだ じぶんで しんだ 谷川俊太郎と死の絵本」🈑

90歳の詩人谷川俊太郎が「子供の自死」をテーマにした絵本に挑んだ。画家の合田里美に何度も描き直しを求める谷川。合田はその意図を探り、詩人の死の哲学に迫っていく。

5月28日 土曜 23:00 -0:00 NHKEテレ1東京

ETV特集 選「ぼくは しんだ じぶんで しんだ 谷川俊太郎と死の絵本」🈑

90歳になった詩人谷川俊太郎が今年新たな絵本を出した。テーマは「子供の自死」。リモートで行われた絵本作りの2年間、絵を描く合田里美に谷川は何度も描き直しを求めた。意図は何?合田は必死に探る中で、谷川の死への思索、そして子供たちへのメッセージを見つけていく。主人公の自死を読者が「わかったつもり」になることを詩人は拒否していた…。合田の作画をアニメ化し、特異な絵本の誕生を追体験する。 語り:石田ゆり子