中村 龍史 が出演する番組

未来8日間の 中村 龍史 が出演する番組を紹介しています。

中村 龍史 に関する情報

中村 龍史(ナカムラ リョウジ)
  • 名前:中村 龍史(ナカムラ リョウジ)
  • 情報:1951年3月25日 おひつじ座 東京都出身
  • ジャンル: 俳優
  • メモ: 備考
    劇団四季演技研究所(4期生)を経て、役者となる。
    【役者としての代表曲】
    映画 1972年11月 「愛のテクニック」田中登監督 日活
    1973年1月 「おさな妻の告白ー衝撃」西村昭吾郎監督 日活
    1973年8月 「ピラニアの群れ」西村昭吾郎監督 日活

    1981年8月 「ラブレター」東陽一監督 日活
    1983年4月 「セカンド・ラブ」東陽一監督 東映

    TVドラマ 1978年・79年「西遊記」ゲスト出演
    1978年 「一発逆転」フジテレビ レギュラー
    1979年 「雲霧仁左衛門」フジテレビ レギュラー(木村与四郎役)
    2017年「やすらぎの郷」テレビ朝日

    1981年、役者業を休止し、コンサートの構成・演出・振付を手掛ける演出家としてデビュ−。
    そのステージの華麗さ、巧みな構成、卓越したアイディア、ストーリー性のある振付で、松任谷由美、小林幸子ら有名アーティストから時代のアイドルまで幅広いジャンルのコンサートをショーアップし、各方面で高い評価を獲得した。
    その後、コンサートでの観客を巻き込み踊らせた手法を演劇に持ち込み、観客参加型ミュージカルを確立し、日中合作オペラ、ブロードウェイミュージカル、東宝現代劇、吉本新喜劇から国体開閉会式まで「笑い」と「明日への活力」をテーマに250本以上の様々な舞台を演出。
    2001年から筋肉(マッスル)ミュージカルに取り組み、2007年夏公演までの、公演すべての構成・演出・振付を手がけ、日本発のオリジナルミュージカルを創り上げ、2005年、2007年ラスベガスでの公演も成功させた。
    近年は、その守備範囲の広さと、国体までエンターテインメントにする手腕から、エンターテインメント作家とも呼ばれている。

    2017年、TVドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日・倉本聰 脚本)にて、約30年ぶりに役者業復帰。
    今後、役者としても精力的に活動していきます。
  • 出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ)
  • サイト:吉本興業株式会社

中村 龍史 の出演番組

3月4日 - 3月11日 該当する番組はありません

ラッキー番組占い

総合ランキング

すべて見る

    ドラマ

    すべて見る

      バラエティ

      すべて見る

        アニメ

        すべて見る

            スポーツ

            すべて見る