• この番組の放送は終了しました

ドラマ

ドラマ25 季節のない街 第7話▼がんもどき前編🈑

宮藤官九郎が脚本、総監督!仮設住宅の“街”が舞台の青春群像劇▼オカベが思いを寄せるかつ子は、酒癖の悪い伯父と二人暮らしになるのだが、それが悲劇の始まりとなる…。

5月18日 土曜 0:42 -1:13 テレ東

ドラマ25 季節のない街 第7話▼がんもどき前編🈑

かつて自分を捨てた母親(小田茜)から容姿を「まるで潰れたがんもどき」だと評されたかつ子(三浦透子)。街の住民にも「実写版貧乏」だと蔑まれながら、日々黙々と内職をして伯母夫婦を養っている。かつ子のことが大好きなオカベ(渡辺大知)は、彼女の誕生日プレゼントを買うために半助(池松壮亮)たちを誘い街に繰り出すが、半助はそこで偶然にもかつての恋人・永田(佐津川愛美)と再会する。
ある日、かつ子の伯母・妙子(広岡由里子)が入院をすることになり、かつ子は酒癖の悪い伯父の京太(岩松了)と二人暮らしをすることになるのだが…。

この番組をTVerで視聴