• この番組の放送は終了しました

ドキュメンタリー/教養

ザ・バックヤード 知の迷宮の裏側探訪 セレクション 気象庁🈖🈑

今回は気象庁のバックヤード。実は近年、天気予報の的中率が飛躍的に向上している。その裏には船に搭載したあるハイテク機器の存在が。いったいどんなものなのか!?

5月20日 月曜 23:00 -23:30 NHK総合1・金沢

実は“線状降水帯”という言葉は10年ほど前に生まれた新しい言葉。気象現象をはっきりと観測できるようになったことで言葉か生まれたのだ。実は天気予報の的中率は近年飛躍的にUPしている。その理由を知るため特別に見せてもらったのが海洋観測船。そこに搭載された小さな機械が、ものすごい威力を発揮しているのだ。さらに、気象庁の知られざる“別の顔”も紹介。調査船の中の生活も見せてもらう。