• この番組の放送は終了しました

ドラマ

懐ドラ「太陽の涙」 第8話

老人との心の交流を通して、若者たちに芽生え育っていく“親孝行”を描いていく▽木下恵介脚本作品【全26話/1971年】

5月20日 月曜 15:30 -16:00 tvk1

勉は決して悪い人間ではないが、何事もひねくれて考えなければ、自分を生かしていく道はないと思い込んでいる。だから兄・正司がせっかく見舞いに来ても反抗的な態度ばかり。しかし、それは勉の精いっぱいの甘え表現なのだ。誰かに寄りかかり甘えたいのは、泰子も同じだった。そこで泰子はローマで再開したかつての恋人・正司を呼び出すが…。
正司は、ある旅行社の添乗員。一方の寿美子は、両親が別居しているが父・新作の生き方が性に合っていて、今は新作と二人で暮らしている。そんな時、新作の友人・はつが、お見合いの話を持ってくる。相手は正司だったが、乗り気になれない寿美子は相手も知らずに断った。
ある日、弟の見舞いに病院を訪れた正司は、孤独な小川老人と出会い、ふとしたことから彼の息子のふりをすることとなる。小川老人は入院中の身だが、身寄りもなく肩身の狭い思いをしていた。そんな折、寿美子が、正司を見合いの相手とも知らず、ひかれてしまう…。