• この番組の放送は終了しました

ドラマ

ラストダンス

第56話 第57話

5月16日 木曜 10:30 -11:25 テレ玉1

上司とのトラブルで三立化学を辞め、子会社で下請けの大月化学研究所に勤め地道に細々と働いていた真田佐平が、ある日特許を獲得し、12億円の大金を手に入れ、やがて、副社長として三立化学に戻り、そして、金銭のトラブルによる大月化学との決別、
部下との不倫、そして売上不振の責任を問われ、さらに権力闘争に敗れ、副社長を引責辞任、家族崩壊へ至る…という葛藤を描いた作品。
文子と佐平は正式に離婚した。夫の荷物を整理しながら、文子は貧しくても幸せだった団地住まいの頃を懐かしくふりかえる。一方、佐平はドイツのゲルン社との新製品競争に敗色濃厚で正念場に立たされていた。帰宅しても仕事のことで頭がいっぱいで、こずえとつい言い争いをしてします。こずえは佐平があまだ家族のことを忘れていないことに苛立つ。
文子は佐平の入院した病院に駆けつけた。過労からくる狭心症でしばらく安静にすれば治るという。佐平に頼まれて、文子はこずえに連絡した。体面上、見舞いを遠慮してほしいとも。佐平は離婚のことを会社に言いそびれていた。翌日、たか子と温美が佐平の見舞いにきた。二人とも家族を捨てた父を絶対に許さないと思っていたが、いざ佐平の顔を見ると涙が止まらなくなる。