• この番組の放送は終了しました

機動戦士ガンダムSEED

アニメ/特撮

機動戦士ガンダムSEED PHASE-47 「悪夢は再び」

コズミック・イラ0070……。「血のバレンタイン」の悲劇によって、地球、プラント間の緊張は、一気に本格的武力衝突へ発展した……。

2月1日 火曜 0:00 -0:30 チバテレ1

フレイのもたらした1枚のディスクにより、地球連合はNジャマーキャンセラーの技術を手中にした。アズラエルの主張に踊らされ、核ミサイルは宇宙へ。連合による大攻勢を予想したザフトは絶対防衛ライン、ヤキン・ドゥーエとボアズに戦力を集結させる。そして……ついに決戦の火ぶたは切って落された。ザフトの軍事衛星ボアズへ、ピースメーカー隊…核を搭載したメビウス〈ゼロ〉部隊が突入する。
次の刹那、閃光が吹きあがる。再び使用された核の炎は、一瞬にして要塞を壊滅させた。崩れ行くボアズを前に、自分が果たしたことを知って無限の悔恨にとらわれるフレイ。「戦争を終らせるため」というラウの言葉は、虐殺と同じ意味だったのだ。キラとアスランは核ミサイル部隊「ピースメーカー」の再度の攻撃を阻止するために出撃。プラントへ向けて放たれるミサイルを、装備したミーティアで全て撃墜する。
時を同じくして、ナチュラルへの復讐に震えるパトリック・ザラは、ついに巨大レーザー兵器「ジェネシス」の使用を命じる。要塞ヤキン・ドゥーエの陰から出現したジェネシスの閃光が、ついに地球軍艦隊に向け、放たれた!