• この番組の放送は終了しました

ボブ・マーリー ライブ・アット・ザ・レインボー 1977

音楽

ボブ・マーリー ライブ・アット・ザ・レインボー 1977

歌い、踊り、ほえるボブ・マーリーの姿と、鉄壁のグルーヴを生み出すザ・ウェイラーズとの、名盤『エクソダス』発表直後の「世紀の名演」と名高いライブ。

1月31日 月曜 2:45 -4:00 WOWOWライブ

ボブ・マーリー ライブ・アット・ザ・レインボー 1977
ボブ・マーリーの世界デビュー作となった1973年のアルバム『キャッチ・ア・ファイアー』は、コアな音楽ファンやミュージシャンには支持されたが、商業的な成功は得られなかった。彼の熱い歌が世界を席巻したのは、1975年発表の傑作ライブアルバム『ライヴ!』の大ヒットがきっかけだった。それに優るとも劣らない名演として知られるのが1977年7月にロンドンのレインボー・シアターで行なわれたライブだ。
アルバム『エクソダス』のリリースに伴うツアーのハイライトとなったこのライブは、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの絶頂期を捉えた傑作。特に、名バラード「ノー・ウーマン、ノー・クライ」から始まる終盤の展開は激アツの一言だ。目を閉じ祈るように歌い、ドレッド・ヘアーを振り乱してシャウトするボブの神々しいまでの姿、
ウェイラーズ&アイ・スリーズの熱演、ライブが終わっても鳴り止まぬ観客の歓声、すべてがすばらしい!

  • 出演/関連情報

    【楽曲】Trenchtown Rock、Them Belly Full (But We Hungry)、I Shot The Sheriff、Rebel Music (3 O'Clock Roadblock)、Lively Up Yourself、Crazy Baldhead、War、No More Trouble、The Heathen、No Woman No Cry、

  • Jamming、Get Up, Stend Up、Exodus 【収録日/場所】1977年7月4日/イギリス・ロンドン レインボー・シアター