• この番組の放送は終了しました

情熱大陸

ドキュメンタリー/教養

情熱大陸【マイムアーティスト/が〜まるちょば▽泣けるパントマイムがあるなんて】🈑

東京五輪開会式『動くピクトグラム』を創作。彼のパフォーマンスは言葉や文化を超え観客を驚かせ爆笑の渦に引き込む。何もないのに全てが見える…泣けるパントマイムって⁉

1月30日 日曜 23:15 -23:45 TBS1

情熱大陸【マイムアーティスト/が〜まるちょば▽泣けるパントマイムがあるなんて】🈑

動かそうとしても動かないカバン、見えない壁、綱を使わない綱引き…言葉を使わずに観客を驚かせるサイレント・コメディー、パントマイム。国際的にも高い評価を受ける「が〜まるちょば」は、3年前からHIRO-PONによるソロに。東京オリンピック『動くピクトグラム』で再注目され、目下バラエティ番組などからの出演オファーが殺到!だが、人気とは裏腹に“本当のパントマイム”が広まっていない現状に嘆くことも多い。
彼が目指すのは、笑いと感動で観る人の心を動かすパントマイム。『2時間15分の無言劇』。その作品作りは、地道で過酷な作業の連続だ。たったひとつの“動作”が、丸一日かけても決まらない。「一言だけでも、言葉で説明できたら…」ふと心の声が漏れ出す。だがHIRO-PONは、たったひとりの舞台に挑む!全公演ソールドアウトで迎えた初日、パフォーマンスを観る観客の目には何が映るのか?その瞬間に立ち会った。

  • プロフィール

    【マイムアーティスト/が〜まるちょば】 HIRO-PON 埼玉県出身。年齢非公開。 幼い頃から人見知りな性格。20代でパントマイムと出会い、“人前で喋らなくていい上に、一生追求できる職だ”と考え、弟子入り。元相方ケッチ!とコンビを組み、1999年にサイレントコメディーデュオ「が〜まるちょば」を結成。 世界最大級の芸術祭「エジンバラ・フェスティバル・フリンジ」でダブルアクトアワードを受賞。

  • プロフィール2

    2007年には、海外の有名誌が選ぶ「世界が尊敬する日本人100」に選ばれる。 2019年にケッチ!が脱退し、HIRO-PON一人で活動を続けることに。笑いと感動をもたらすパントマイムを追求している。 2020年、東京オリンピックの開会式で、“動くピクトグラム”の創作・出演・撮影を担当。YouTubeの再生回数は2000万回(1月17日時点)を超え人気を博す。

  • 公式ページ

    【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu

  • 公式ページ2

    【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku

  • 公式ページ3

    【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/

  • 公式ページ4

    ◇番組HP http://www.mbs.jp/jounetsu/

  • 制作

    【製作著作】MBS(毎日放送)

  • おことわり

    番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。