• この番組の放送は終了しました

ザ・ノンフィクション

ドキュメンタリー/教養

ザ・ノンフィクション 笑顔の一枚とあなたの記憶 〜家族へのおくりもの〜🈑

一枚の写真が紡ぐ大切な人と家族の記憶…「いつまでも残る写真を」遺影写真専門カメラマンと依頼者たちの心の交流…笑顔の向こう側に…末期がん女性に訪れた奇跡の物語

12月5日 日曜 14:00 -14:55 フジテレビ

ザ・ノンフィクション 笑顔の一枚とあなたの記憶 〜家族へのおくりもの〜🈑

37歳の息子を突然失った母は、毎朝、息子の写真に手を合わせるたびに思うことがある。 「もっと良い写真があれば…」。遺影写真は友人と一緒に撮ったスナップ写真を引き延ばしたもの。その顔は少しピントがボケている。 「自分の写真はちゃんと残しておきたい」という母が向かったのは、東京・中野にある写真スタジオ・素顔館。ここは「遺影写真」専門の写真館だ。 素顔館の館主・能津喜代房さん(73歳)は
13年間で5000人以上の「遺影写真」を撮ってきた。「元気な時の一枚は家族への贈りもの」と語る能津さんは、その人の一番良い表情を引き出し、シャッターを切る。かつては、数々の賞を受賞する広告カメラマンだった彼がなぜ、「遺影写真」を専門に撮るようになったのか…そこには、大きな人生の後悔があった。 能津さんの元を次々と訪れる「遺影写真」の撮影希望者。それは決して高齢者だけではない。依頼者は
54歳の男性。腎臓にがんを患っていた。妻と2人の子供に元気な時の自分の写真を残し、手術に向かう… 末期がんで余命宣告を受けた貴美子さん(68歳)は、父に贈られ大切に育ててきたバラの花と一緒に写真を撮りたいと言う。「かわいい時のおばあちゃんを忘れないで」。孫にそう言って撮影した貴美子さんの「遺影写真」は、思いもよらぬ運命へと彼女を導いていく… 一枚の笑顔の写真が紡ぐ、家族の記憶と絆の物語。

  • 出演者

    【語り】 麻生久美子

  • スタッフ

    【演出】 武田晋助  【プロデューサー】 緒方夏子  【チーフプロデューサー】 西村陽次郎  【制作協力】 スタッフラビ  【番組テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作詞・作曲〉山口卓馬、書上奈朋子  〈歌〉竹原ピストル