• この番組の放送は終了しました

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅

ドキュメンタリー/教養

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅▽野花がよみがえる寺の森 岩手県一関市🈑

岩手県一関市の郊外に樹木葬の墓地がある。荒れた山を手入れし、墓石の代わりに地元に生えていた木を植える。すると里山がよみがえり、命の多様性が戻ってきた。

12月5日 日曜 13:35 -13:45 NHK総合1・東京

岩手県一関市は樹木葬の発祥地。休耕田や放置林で荒れていく故郷の風景を取り戻そうと市街地にあった寺が里山で始めた。放置されていた棚田を湿地に戻して庭園にし、荒れた山を草刈りや枝打ちで手入れし、墓地にした。遺骨を収めた所には墓石の代わりに地元に生えていた木を植える。通常、墓が増えると森が開発されるが樹木葬は墓地が広がるほど里山がよみがえる。光さす林床は在来植物の宝庫になり、池には水生昆虫が戻ってきた。