• この番組の放送は終了しました

ドラマ

マダム・セクレタリー シーズン4 #11「養子縁組停止措置」🈑

ロシアは米国との養子縁組制度の停止を宣言。ハースト副大統領は問題の解決に意欲を見せる。ディミトリの身に危険が迫り、スティーヴィとの交際が両親の知るところとなる。

12月3日 金曜 2:00 -3:00 FOX

元CIA分析官で、大学教授として働いていたエリザベスが、ある日突然、大統領から指名され、米国国務長官に。次々起こる外交問題を、エリザベス率いるチームは解決へと導くことができるのか。政治家として、母として、妻として活躍する女性国務長官“マダム・セクレタリー”の活躍を描く本格ヒューマン・ドラマの第4弾。
ロシアのサルニコフ大統領はアフガニスタンの和平合意に反発し、米国人家族とロシア人孤児の養子縁組制度を停止すると宣言。養子家庭のサポートに力を入れてきたハースト副大統領は問題の解決に意欲を見せるが、エリザベスを次期大統領選でのライバルと見なすあまり外交政策に背く行動を取る。ディミトリの身に危険が迫っていることが判明し、それに伴ってスティーヴィとの交際がヘンリーとエリザベスの知るところとなる。