• この番組の放送は終了しました

サボタージュ(1936)

映画

🈙サボタージュ(1936)

アルフレッド・ヒッチコック監督のイギリス時代のサスペンス。夫が破壊工作員であると知った妻の葛藤と爆弾テロの恐怖を描く。

12月3日 金曜 19:30 -21:00 スターチャンネル2

アルフレッド・ヒッチコック監督が、ジョゼフ・コンラッドの小説をイギリス時代に映画化したサスペンス。ロンドンを舞台に、夫が破壊工作員であると知った妻の葛藤が描かれる。後年『ビートルジュース』や『マーズ・アタック!』などティム・バートン作品に出演して再脚光を浴びることになるシルヴィア・シドニーが、ヒロインを好演。細かいカットの積み重ねでサスペンスが生まれる演出は、ヒッチコック映画の原点だといえる。

  • 監督/出演

    監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:シルヴィア・シドニー/オスカー・ホモルカ/ジョン・ローダー/デズモンド・テスター/マシュー・ブルトン

  • ストーリー

    映画館主のヴァーロックは、妻に内緒で無政府主義者としての破壊活動を行っていた。就任したてのロンドン市長をパレードで爆殺しようと目論み、妻の年の離れた弟に爆弾を運ばせる。しかし移動中のバスの中で爆弾が爆発。乗客と共に弟も死んでしまう。全てを知った妻は、発作的にカールを刺殺。彼女に想いを寄せる刑事スペンサーは救いの手を差し伸べようとするが、そこへ夫の仲間がやってくる。

  • 製作年など

    サボタージュ(1936) 製作:1936年 英 本編時間:90分