• この番組の放送は終了しました

放送大学アーカイブス・知の扉

趣味/教育

放送大学アーカイブス・知の扉

「グローバリゼーションの人類学('11)第10回・11回・12回」

12月2日 木曜 23:15 -1:30 放送大学ex

人類は理論的に「単独者」として生きる選択肢がある。そのため、人類が「人種」や「民族」「国家」「親族」「家族」などの想像の共同体を生み出して維持する際に、様々なストレスが生じる。国家や民族はもとより社会集団の内外で無数に絶え間なく繰り返される「争いと和解」のプロセスにそうしたストレスが見てとれる。「独りでいること」を選択できる人間が、様々な争いと和解の過程を経て社会集団を生成する様子を分析する。
◆授業の目標 様々な「争いと和解」の過程の具体例を検討し、人類が生成し維持する社会集団の現状を知りその未来を考える。世界にはどんな種類と規模の「争いと和解」があり、その過程でどのような社会集団が生成、維持されるのか。その社会集団にはどのような可能性が秘められているのか。人類学的な現地調査を踏まえた理論的な考察を中心に「争いと和解」の諸相を通して、人類が生成して維持する社会集団の特質を追究する。

  • 各回のテーマ

    第10回「「開発」と「資源」をめぐる争いと和解」/第11回「グローバル化による新たな社会関係」/第12回「グローバル・ネットワークをめぐる争い:国民国家体制と産業資本制の市場とテクノサイエンスの功罪」

  • 出演者

    放送大学教授 大村 敬一 元放送大学教授 本多 俊和 静岡県立大学教授 湖中 真哉 福島大学教授 西崎 伸子 慶応義塾大学准教授 佐川 徹 大阪大学准教授 山崎 吾郎