• この番組の放送は終了しました

拡張

朱鞘仁義 鉄火みだれ桜【TV初放送】 ▼扇ひろ子、梶芽衣子

“朱鞘仁義”シリーズ第一弾。一匹狼の流れ者、女博徒が一宿一飯の渡世の義理にしばられながら悪を斬ってゆく大型娯楽作。 1969年 93分 放送日:1・10・20

12月2日 木曜 3:00 -4:45 衛星劇場

◆幻の蔵出し映画館◆ “昇り竜”“姐御”シリーズに続く“朱鞘仁義”シリーズ第一弾。扇ひろ子が主題歌“ひとりぼっちの唄”のほかに、八木節など数々の民謡を披露。 昭和初期の上州高崎在、高政一家の賭場で負け続けの男、犬伏陽一に「鉄火場をなめちゃいけないよ」とさとして、札束を渡して去った朱鞘の愛は、流れ女博徒で、いまや渡世の貫禄を十分に身につけていた。
その一件がもとで高政を去った愛は、昔、命を助けた松宮精二をたずねて、富岡へやって来た。懐かしがる精二はその喜びもつかの間、海津組の山人足と組員のいざこざにまきこまれ、恋女房のたねを残して殺害されてしまった…。

  • 監督・出演

    監督:斉藤武市 原作:藤田五郎 脚本:青山剛 出演:扇ひろ子、梶芽衣子、藤竜也    内田良平、田中邦衛、奈良岡朋子    安部徹、嵐寛寿郎