• この番組の放送は終了しました

日本の昔ばなし

アニメ/特撮

日本の昔ばなし #6「金太郎」「いかとするめ」「三人泣き」

11月30日 火曜 18:30 -19:00 TOKYO MX1

【金太郎】 足柄山の金太郎は、元気な男の子。毎日、腹掛けをして、まさかりをかついで、山へ遊びにゆきます。遊び相手は、熊や猿やうさぎたち。すもうをとっても、綱引きをしても、動物たちは金太郎にかないません。 そんな金太郎は、やがて立派な若者へと成長します。 ある日、金太郎は、熊とすもうを取ることに…。
【いかとするめ】 山で木を伐っていた山師が、通りかかった殿さまに、木の名前を尋ねられ、「ゆすの木」と答える。しばらくして、乾燥させた木を取りに来た山師に、殿さまが再び尋ねた時、山師は「むく」と答える。 同じ木を「ゆす」とか「むく」とか日によって違う名前で答える山師に、殿さまは「手打ちにしてくれる」と激怒する。だが、山師が諦めかけた時に呟いた言葉が、「誤解だった」と殿さまの目からウロコを落とす。
【三人泣き】 町に働きに出ている息子から、お婆さんの元に便りが届きます。字の読めないお婆さん、通りがかりのお侍に読んでもらうことに。 ところが、便りを開いたお侍が、しくしく泣き出してしまったので、お婆さんはびっくり。 もしや息子によくないことがと、泣き出してしまいます。 それを見た焙烙(ほうろく)売りの男までが、どうしてだか、ぽろぽろと泣き出します。一体、どうしたのでしょう。

  • 出演者

    【語り】 柄本明、松金よね子