• この番組の放送は終了しました

劇場/公演

「マーダーミステリーシアター 演技の代償」(2021/2/20 19時公演)

一生に一度のゲーム×全編アドリブ×リアル体験型ステージ!竹財輝之助、猪塚健太、妃海風らが出演した回をお届け。(2021年2月20日 オンラインにて上演) 2021年 131分

11月28日 日曜 19:45 -22:00 衛星劇場

◆劇場への扉〜素晴らしき演劇の世界〜◆ 「人狼ゲーム」「脱出ゲーム」に続く、いま話題の体験型推理ゲーム「マーダーミステリー」。プレイヤーにはそれぞれ役が与えられ、その人物を演じながら殺人事件の真相を解き明かしていく。事件の推理はプレイヤーの演技によって激変し、先の読めない心理戦が繰り広げられる!
この「一生に一度しかプレイすることができないゲーム」を映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『弱虫ペダル』の監督を務めた三木康一郎によって、まったく新しいリアル体験型ステージとして映像化!マーダーミステリーシアター『演技の代償』の出演者たちは自身が演じる役になりきりながら、制限時間内に事件を推理。それぞれの勝利条件をクリアするために、俳優が全編アドリブで魅せる【一発本番の即興演劇】の幕が上がる!!
気鋭の脚本家・辻岡恭子による演劇『鈍色にびいろのチョーカー』は評判が評判を呼び、東京での異例のロングランを終え、全国公演へ移ろうとしていた。プロデューサーの豊島万里は慰安も兼ねて、舞台の主要メンバーを北軽井沢の山中にある別荘へ招待していた。会社を経営している豊島が会社名義で慰安会や研修などに使うために買い上げたものだ。
集まったのは、主演女優の朝霧サキ、共演の女優・京本まひる、同じく共演した俳優・暁零士、脚本・演出家の辻岡恭子、朝霧と京本のマネージャー梅崎歩、豊島が経営している劇場の管理人である桃谷雄一郎、そして豊島の7人だ。2泊3日の予定だったが、2日目の朝から大雪に見舞われた。降り続いた雪は1メートル近くに降り積もり、日が暮れる頃には道路が寸断された。そんななか事件は起こった…。

  • 出演者

    総合演出:三木康一郎 ゲーム原作:秋口ぎぐる 出演:竹財輝之助、猪塚健太、妃海風    有澤樟太郎、小南光司、大原櫻子