• この番組の放送は終了しました

四季彩キッチン

ドキュメンタリー/教養

四季彩キッチン #162

林修先生が“旬の食材”を入口に日本の農業の“いま”をプレゼンテーション!今回は独特のツルっとした‘ぬめり’が特長の「なめこ」を紹介します。

6月1日 水曜 22:55 -23:00 BSフジ・181

四季彩キッチン #162

長野県木島平村。雪深いこの地で一年を通してつくれる作物はないかと先人たちが考え、白羽の矢を立てたのがキノコの菌床栽培。今回ご紹介する「やまなめ」は軸が太くて傘が大きく天然のキノコ(なめこ)に近づく様に開発されたもの。一般的な『なめこ』と比べると『やまなめ』の傘の大きさは倍以上あります。栽培方法は「黒いキャップ」でフタをし、これにより軸や傘を大きくしています。詳しい栽培方法は企業秘密なんだそう。
僅か3戸の農家でしかつくっていない幻のなめこ「やまなめ」。大粒で食べ応えがあり、汁物や炒めものなどに最適です。

  • 出演者

    <出演者> 林修 <ナレーション> 牧原俊幸

  • 制作

    <スタッフ> プロデューサー:花苑博康(NEXTEP) ディレクター:福島成駿(CNインターボイス) アシスタントプロデューサー:安田香織(CNインターボイス) アシスタントプロデューサー:大澤ひとみ(NEXTEP)