• この番組の放送は終了しました

午後の名作ドラマ劇場

ドラマ

🈑<午後の名作ドラマ劇場>労働基準監督官 和倉真幸・働く人の味方です!

労働基準監督官・和倉真幸(東ちづる)が働く人のために闘う!スーパー・ハヤミの店長の死因は過労死か?!“労働Gメン”が真相を暴く

5月30日 月曜 16:00 -18:00 BSフジ・181

和倉真幸(東ちづる)は労働基準監督官。ときに“労働Gメン”とも呼ばれる彼女の仕事は、世の中の人が健康で安心して働けるよう、働く人の権利を守ること。後輩の遠藤(袴田吉彦)らと労働基準違反容疑者の家宅捜査に乗り出すことにとどまらず、刑事訴訟法に基づく捜査権や逮捕権も持ち合わせる労働基準監督官は、司法処分を下すことも。一方で、労働基準監督署での相談受付も大事な仕事としてこなし、その仕事内容は幅広い。
 ある日、スーパー・ハヤミで買い物をしていた真幸は、そこで働くパート主婦・和恵(今陽子)が有給休暇を取りたい、と打診している現場に遭遇。スーパーの社長・殿村(大地康雄)が「パートに有給休暇はない!」と言い放つと、真幸は割り込み、その間違いを指摘。殿村は、そんな真幸にいらだちをあらわにしたのだった…。  スーパー・ハヤミはハヤミグループの傘下にある。
数日後、真幸を訪ねてきたのはそのハヤミグループのエリアマネージャー・佐山(宇梶剛士)。佐山は殿村の件を詫びた後、真幸にパート陣に対するミニ講習会の講師を務めてほしいと頼んできたのだった。真幸は快く引き受けるも、これがある騒動を引き起こすことに…。講習後、積極的に参加した主婦たちにはとんでもない処分が下され、その後まもなく店長・関口(ひかる一平)の死体が発見されて…。
状況を探った真幸は、関口は過労死だったのではないかと考えるのだが…。

  • 出演者

    <出演者> 和倉真幸:東ちづる  ・ 遠藤護:袴田吉彦 佐山洋介:宇梶剛士 小林和恵:今陽子  ・ 桑田慶司:布施明  ・ 和倉なが子:野川由美子 殿村久志:大地康雄 ほか