• この番組の放送は終了しました

拡張

橋 ▼大木実/監督:番匠義彰

毎日新聞連載、大佛次郎作の同名小説の映画化。異なった世代の人々が織りなす人間模様を浮き彫りにした文芸大作。 1959年 95分 放送日:7・19・25

5月25日 水曜 10:00 -11:45 衛星劇場

◆生誕100年 番匠義彰監督特集◆ 元提督の大内田良平は頑固爺で、長女・敦子の夫・谷口と衝突して家を飛び出し、旧部下の中山が住む廃屋に近い洋館に身を寄せている。中山や同じ旧部下の横田、上塚らは良平老人の気持を柔らげようと、四国生まれの学生・松村三造を話し相手に世話した。しかし良平は皆に内緒でニコヨンとなり、気の毒な女・千代のことでニコヨン仲間と喧嘩し負傷する始末。
そんな良平を案じて、彼の次女で外国商社に勤める良子は、一緒に間借り生活をすることにした。しかし良子は会社の都合で失職を余儀なくされた。良子の昔の同僚で今は貿易ブローカーの宮原洋一は、困っている彼女を見て自分の助手に雇った。宮原は資金を提供してくれるバーのマダム・おきくと関係があったが良子は知る由もない。

  • 監督・出演

    監督:番匠義彰 原作:大佛次郎 脚色:柳井隆雄 出演:大木実、岡田茉莉子、石浜朗    福田公子、渡辺文雄、笠智衆

  • お知らせ

    この作品は「クローズドキャプション放送」となっております。リモコンの字幕ボタンを押すことで、任意に字幕の表示/非表示を切り替えることができます。