• この番組の放送は終了しました

拡張

あの丘越えて ▼美空ひばり、鶴田浩二

雑誌「キング」所載の菊田一夫の原作を映画化。万城目正作曲の歌が散りばめられた明るい娯楽映画。 1951年 84分 モノクロ 放送日:3・11・20・29

5月20日 金曜 10:00 -11:30 衛星劇場

◆シネマセレクション 美空ひばり出演作より◆ 白濱研一郎は妻に死なれた時、娘萬里子を婆やのあやに預けた。萬里子は山の牧場ですくすくと大きくなって今年十三歳になったが、その間父研一郎は朝子を妻に迎え、事業も成功したので、萬里子を東京へ呼び戻すことになった。萬里子は婆やや馴染深い牧場の馬たちに悲しい別れをつげ、自分の家庭教師となるという大助に迎えられて初めて父の家へ帰った。
朝子は実子にも及ばぬほど萬里子を可愛がってくれるので、野育ちの乱暴な動作や田舎言葉を学校で笑われながらも幸福であった。それに大好きな大助が色々と相手をして教えてくれるので次第に都会の少女らしく美しくなった。朝子の父伍平は、萬里子を朝子の実子と思い込んで、頑固一徹な彼も無邪気な萬里子を次第に愛するようになっていた。

  • 監督・出演

    監督・脚本:瑞穂春海 原作:菊田一夫 出演:美空ひばり、鶴田浩二、井川邦子    飯田蝶子、森川まさみ、中川弘子    堺駿二、河村黎吉

  • お知らせ

    この作品は「クローズドキャプション放送」となっております。リモコンの字幕ボタンを押すことで、任意に字幕の表示/非表示を切り替えることができます。