明和電機 土佐信道 が出演する番組

未来8日間の 明和電機 土佐信道 が出演する番組を紹介しています。

明和電機 土佐信道 に関する情報

明和電機 土佐信道(メイワデンキ トサノブミチ)
  • 名前:明和電機 土佐信道(メイワデンキ トサノブミチ)
  • 情報:1967年4月14日 おひつじ座 兵庫県出身
  • ジャンル: 文化人
  • メモ: 出身・入社・入門・NSC:1998年

    代表作
    明和電機魚器図鑑 (土佐正道・土佐信道 著)1997年 NTT出版
    明和電機会社案内 (明和電機 著)1998年 アスペクト
    明和電機ショートストーリー(土佐正道 著)2000年 シンコー・ミュージック
    魚コードのできるまで(土佐信道 著)2002年 NTT出版
    明和電機 ナンセンス=マシーンズ(明和電機 著)2004年 NTT出版
    EDELWEISS PROGRAM(土佐信道 著)2004年 吉本興業
    オタクギョタク(土佐信道 著)2005年 吉本興業
    明和電機の広告デザイン (中村至男・土佐信道 著)2006年 NTT出版
    すーびょーるーみゅー(谷川俊太郎 文・土佐信道 絵)2007年 クレヨンハウス

    1995年 「祝・新商品発売記念デモ[日本公演]」全国6ヵ所8回公演
    1998年 「第2回日本公演ドライブド・ライブ」全国6ヵ所8回公演
    1999年 「明和電機ライブ ホールinラブ’99」東京、大阪 大ホール5会場
    2000年 明和電機ライブツアー2000「フォービューティフルヒューマンライブ」 東京、名古屋、大阪 3ヶ所5回公演
    2002年 おかげさまで10周年ライブツアー2002「明和電機ジャンボリー」 東京、大阪、名古屋、広島 4ヶ所公演
    2004年 明和電機ライブ2004「メカトロニカ」東京、大阪、2ヵ所3回公演
    2005年 「Switched On Kappa2005」東京、名古屋、大阪、福岡、台湾(5箇所6回公演)
    2011年 「明和電機ライブツアー2011 ボイスメカ二クス」 東京、大阪、高知、島根、福岡、岡山 (6ヶ所7公演)

    ■国内展覧会歴・パフォーマンス
    1994年 新製品発表会「今度の土日は明和デー」東京・大阪他計4ヶ所にて
    1996年 「ツクバ展」渋谷西武、四条河原町阪急他4ヵ所にて
    1999年 「明和電機百貨展」新宿小田急、神戸大丸にて
    2002年 8月〜10月「ROMANCE*ENGINEERING展」パルコ東京・名古屋にて
    2004年 7月〜12月「ナンセンス=マシーンズ」展広島市現代美術館、NTTインターコミュニケーション・センター
    2006年 7月〜9月 「ナンセンス=マシーンズ展」 鹿児島県霧島アートの森
    2007年 7月〜8月 「ナンセンス=マシーンズ展」 岡山市デジタルミュージアム
    2009年 4月 「ナンセンス=マシーンズ展】高知県立美術館
    2009年 5月〜8月 山中俊二ディレクション「骨」展 21_21 Design Sight
    2010年 2月〜3月 「サイバーアーツジャパン アルスエレクトロニカの30年」東京都現代美術館
    2010年5月〜6月 「明和電機ボイス計画宣言展」 西武渋谷店
    2010年6月〜10月 「ノック!ミュージック 〜打楽器からコンピュータに至る4つの進化論〜」日本科学未来館
    2010年9月〜10月 COMME des GARCONS 「TRADING MUSEUM」にて展示

    ■海外展覧会歴・パフォーマンス
    2001年 3月 パリ Galerie Du Jour agnes b.にて展覧会、ミニライブ
    2001年 5月 ロンドン「Selfridges」にて展覧会、ミニライブ
    2003年10月〜04年1月パリ「人とロボット展」にて、展覧会、ライブ
    2005年 7月 「パリ カルティエデテ フェスティバル」にてライブ
    2005年10月〜11月 オレゴン大学にて展覧会、ライブ
    2006年 6月 スイスのチューリッヒ、フリブールにてライブ
    2006年 9月 香港agnes b.’s LIBRARIE GALERIEにて展覧会
    2006年10月 香港にてライブ 「HONG KONG LIVE2006 【MECHATRONICA】」
    2007年 6月 シンガポールにてライブ
    2007年10月〜11月 台湾・Eslite Sinyi store内ロビー、agnes b.店舗にて展覧会
    2007年11月 韓国にてライブ
    2008年 2月 アメリカのワシントンDCにてライブ
    2008年 6月 フランスのアンギャン・レ・バンにてライブ
    2008年11月 タイ「FAT FESTIVAL 08」にて展示・ライブ
    2008年11月 ノルウェー「Article08]に参加。
    2009年10月 クロアチア・スロヴェニアにて展示・ライブ2010年 7月 スペイン「GREC Festival de Barcelona」にてライブ
    2010年8月〜10月 「Japan Media Arts Festival in Istanbul 2010」 ペラ美術館(イスタンブール)にて展示
    2010年11月 ロンドン COMME des GARCONS「DOVER STREET MARKET」にて展示
    2011年 4月 香港「STARHALL」にてライブ
    2011年5月6月 スイスのチューリッヒ 「PLAZA」にてライブ(2回公演)
    2011年6月〜7月 フランスのべチューヌにて展示 「TRANSFORMER」
    2011年10月 台湾「ATT Show Box 」にてライブ

    経歴
    1967年4月14日 兵庫県生まれ
    1992年3月 筑波大学大学院芸術研究科修士課程修了
    1993年5月 兄・正道とともに明和電機結成 代表取締役副社長就任
    2001年4月 前社長・正道の定年退職にともない代表取締役社長就任、現在に至る。
    2003年より、文化庁メディア芸術祭・アート部門の審査員をつとめる。(2005年まで)
    1993年にアートユニット「明和電機」を結成。ユニット名は彼らの父親が過去に経営していた会社名からとったもの。
    青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで活動。魚をモチーフにしたナンセンスマシーン「魚器」シリーズ、オリジナル楽器「ツクバ」シリーズを制作し、その製品のすばらしさをアピールしている。プロモーション展開は既成の芸術の枠にとらわれることなく多岐にわたり、展覧会やライブパフォーマンスはもちろんのこと、CDやDVDの制作、本の執筆、作品をおもちゃや電気製品に落とし込んでの大量流通など、たえず新しい方法論を模索している。
  • 出典:日本タレント名鑑(VIPタイムズ)
  • サイト:吉本興業株式会社

明和電機 土佐信道 の出演番組

出演する番組 1件 9月30日 - 10月7日

  • バラエティ

    <ジャパコンProject>二次元領域拡大通信

    10月3日 土曜 0:00 BSフジ・181

    no image