ららら♪クラシック

音楽

ららら♪クラシック 選「映画音楽の父 スタイナーの“風と共に去りぬ”」[字]

映画音楽の父スタイナーの「風と共に去りぬ」1.ハリウッド映画の黄金期を音で支えた偉大な功績 2.ウィーン華麗な過去とロマン派の影響 3.胸キュン「タラのテーマ」

6月5日 金曜 21:00 -21:30 NHKEテレ1東京

ららら♪クラシック 選「映画音楽の父 スタイナーの“風と共に去りぬ”」[字]

「風と共に去りぬ」「カサブランカ」「キングコング」など、歴史に残る300もの映画音楽を手がけた作曲家マックス・スタイナー(1888−1971)の偉大な功績に迫る。今では当たり前になった登場人物のテーマ曲やBGMの作曲も、スタイナーがその手法を確立。20世紀のハリウッドで「映画音楽」というジャンルを磨き上げた。19世紀末のウィーンに生まれ、マーラーなどロマン派の巨匠に学んだ華麗な経歴も紹介。