• この番組の放送は終了しました

連続テレビ小説 エール

ドラマ

【連続テレビ小説】エール(7)「運命のかぐや姫」[解]関内吟(松井玲奈)[字][再]

豊橋で馬具を製造販売している関内家の次女の音(清水香帆)がいよいよ登場。将来裕一の妻となる音の幼少時代のドラマをぜひご覧ください。運命の出会いまで、もうすぐ!

7月6日 月曜 8:00 -8:15 NHK総合1・室蘭

【連続テレビ小説】エール(7)「運命のかぐや姫」[解]関内吟(松井玲奈)[字][再]

大正12年。のちに裕一の運命の人になる音(清水香帆)は、まだ11歳。元陸軍の獣医で、今は馬具を卸す仕事をしている父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)のもとで、姉の吟(本間叶愛)と妹の梅(新津ちせ)とともに、豊橋ですくすくと自由に育っていた。ある日、音のクラスで最高学年恒例の学芸会の演目を決めることになる。音の提案がきっかけで、演目は「竹取物語」に決まるが、翌日の役決めで…。