• この番組の放送は終了しました

ドキュメンタリー/教養

ザ・ドキュメンタリー つなぐ〜コロナの時代と“魚屋家族”〜[字]

名古屋で40年間、魚の卸売と飲食店「下の一色」グループを展開する森さん一家が新型コロナウイルスの影響を受けながら奮闘する姿を追う人間ドキュメンタリーです。

9月25日 金曜 3:05 -3:35 テレビ東京1

名古屋で40年間、魚屋を営んできた森嶢至(たかし)さん。森さんは魚の卸売をしながら、飲食店「下の一色」グループ12店舗を経営する社長です。魚屋ならではの美味しい魚料理と森さんの屈託のない性格に惹かれて、店には常連客が絶えません。 そんな森さんには2人の娘がいて、ともに家業を支えています。
娘は、長女の朝奈さんと次女の花波さん。 番組では、還暦を迎える森さんが2人の娘たちに魚屋の後を継がせる姿を追おうと密着取材を始めました。それが去年の10月。 ところが、今年に入り、新型コロナウイルスの感染が拡大。 外出自粛、営業自粛の影響で、多くの飲食店が窮地に追い込まれ、今なお厳しい状況が続いています。
森さんの店も例外ではなく、毎日賑わっていた店から客の姿が消えてしまいました。そんな苦境の中、活路を見いだしたのは家業を継ぐ長女の朝奈さんでした。 森さんの故郷は、名古屋市中川区の下之一色町。かつて名古屋で唯一の漁港があり、漁師町として栄えました。
この町の象徴といえる下之一色魚市場。この魚市場で、森さんの母、節子さんが80歳を超えた今も現役で働いています。節子さんは、息子と孫が自分と同じ「魚屋」の道に進んでくれたことを誇りにしています。 番組では森さん親子三代にわたる「魚屋家族」が、コロナ禍という逆境にめげることもなく、懸命に生きる姿を追いました。
息が詰まるような閉塞感が漂うコロナの時代。 ひとつの感染症で人と人の関わりが分断されつつあります。 苦しいけれども、負けないで欲しい。 そんな思いを込めて番組を制作しました。