• この番組の放送は終了しました

ドラマ

新・必殺仕事人[再] 「主水寝言に奮う」

表の顔は奉行所の昼行灯、嫁と姑にいびられる冴えない中年男の中村主水の裏の顔は凄腕の仕事人。なけなしの金と引き替えに名もなき人々の恨みを晴らしていく。

5月11日 火曜 20:00 -20:55 KBS京都

第4話:主水は、勇次のために、無理やり勇次の知り合いの祝言に出席させられる。それは、桶職人の定吉とおしんの祝言だった。ところが、宴もたけなわのとき、やくざの親分・留五郎が自分を招かないのはどういうわけだと、おしんの兄・常松に難くせをつけに乗り込んできた。実は、常松は留五郎の子分。
定吉も子分だったが、おしんのために常松が足を洗わせ、堅気の祝言を用意したのだった。怒った留五郎は、常松をよび出し、用心棒の加倉井に常松の片腕を斬り落とさせる。

次回の番組

「新・必殺仕事人[再] 「主水寝言に奮う」」に興味がある人が他にもチェックしている番組