連続テレビ小説 おちょやん

ドラマ

【連続テレビ小説】おちょやん(92)「その名も、鶴亀新喜劇や」[解][字]

鶴亀新喜劇に加わるか悩む一平(成田凌)と千代(杉咲花)。そんな折、万太郎一座の状況を知る。執念の万太郎(板尾創路)最後の舞台には千之助(星田英利)の姿があった…

4月13日 火曜 8:00 -8:15 NHK総合1・東京

【連続テレビ小説】おちょやん(92)「その名も、鶴亀新喜劇や」[解][字]

道頓堀喜劇の復活のため、新しい劇団・鶴亀新喜劇を一平に託すという大山社長(中村鴈治郎)の決意。目の当たりにした千代(杉咲花)は、悩む一平をよそに、活気ある道頓堀を取り戻すという思いを強くする。一方、万太郎一座には大変なことが起こっていた。万太郎(板尾創路)はあることが原因で、舞台にもう立てない状態だった…。1日限りの最後の舞台。執念の芝居を繰り広げる万太郎。隣には千之助(星田英利)の姿があった…