• この番組の放送は終了しました

ザ・ノンフィクション

ドキュメンタリー/教養

ザ・ノンフィクション 老舗の寿司屋に婿が来た 〜4代目は元美容師〜[字]

80年続く寿司店…最愛の一人娘が結婚したお相手は元美容師の31歳…婿入りしていずれは4代目として店を継ごうというのだが…修行早々に店の伝統に疑問をぶつける…

7月25日 日曜 14:00 -14:55 フジテレビ

ザ・ノンフィクション 老舗の寿司屋に婿が来た 〜4代目は元美容師〜[字]

成田山新勝寺へ続く参道沿いに、親子3代、80年以上の歴史を持つ寿司店がある。現社長である3代目の和也さん(59)の子供は、一人娘のすみれさん(24)。伝統ある店を継いでくれる跡取り息子はおらず、自分の代で店を閉じることも考えていた… そんな時、現れたのが一人娘の交際相手である雅貴さん(31)。長年勤めている美容院を辞め、「婿入り」を志願。結婚して寿司職人として一から学びたいというのだ。
「一人前になるまで10年」と言われる職人の世界。これまで料理どころか、包丁すらまともに握ったことがなかった雅貴さんが、まず飛び込んだのは、基礎技術を2カ月で学べる養成学校。共に学ぶ生徒の中では優秀な成績で卒業、伝統ある店に飛び込み、修行を始めるものの… 雅貴さんは、次第に合理的とは思えないスタッフの動きや勤務管理の方法に疑問を感じ始める… そんな雅貴さんが訴えた相手は、
店を60年近く切り盛りしてきた、妻・すみれさんの祖母である大女将。これまで大女将に意見をする新人など、誰一人いない。それでも雅貴さんは、自分の考えをぶつけてしまう。 一方、日にちが近づいていたすみれさんと雅貴さんの結婚式の行方は… 伝統ある寿司店に飛び込んだ“お婿さん"と一家の10カ月を追った。