この番組の放送は終了しました

土曜サスペンスドラマ 京都殺人授業第一講座「雨の中の義経」

  • 11月16日
  • 土曜
  • 13:55 -15:55
  • テレビ大阪1

「歴史は天気が作る」を持論に、独自の視点から事件の謎に迫る気象歴史学者を橋爪功が熱演!

 京都の老舗・赤間呉服店の専務、渋谷洋三郎が撲殺され、竹やぶで死体が発見された。京都府警の三田村裕一課長とその部下の渡辺結、坂航太が捜査を開始する。結は渋谷の部屋にあった歴史書が気にかかる。異端の作家、薬王寺菊馬によって歴史の珍説が綴られているこの本は、とても人気がある。渋谷はその本に書かれていた、源義経が平清盛と常盤御前の隠し子だったという珍説に関心があったようだ。
結は恩師である気象歴史学者の北山丈晴に意見を求めるが、丈晴はその説は有り得ないと一蹴する。赤間呉服店は今は亡き先代の妻・登紀子と3人の息子、長男の雄樹、次男の宏樹と三男の智樹が経営を担っていた。3人は日頃、殺された洋三郎から生活の乱れを注意されて疎ましく思っていたが、殺害容疑は否定する。捜査を続けるうち、結は先代の愛人でクラブを経営する園田圭子が、かつて源氏名を常盤と名乗っていたことを知る。

テレビ大阪1の番組