日本沈没-希望のひと-

ドラマ

日曜劇場「日本沈没-希望のひと-」第2話「作られた嘘」[字][デ]

潰された関東沈没説!異端学者VS学会の権威の対立。日本を救うのは常識か狂気か。そして、天海に癒着疑惑!絶体絶命の状況の中、逆転の一手を導き出せるのか?

10月17日 日曜 21:00 -22:09 TBS1

日曜劇場「日本沈没-希望のひと-」第2話「作られた嘘」[字][デ]

田所博士(香川照之)の予言通り、日之島が沈んだ。それは関東沈没の前兆となる。環境省の天海(小栗旬)は日本未来推進会議で、対策を早急に行うように訴えるが、世良教授(國村隼)は地すべりが原因だとして真っ向から否定。そのまま東山総理(仲村トオル)とともに会見を行ってしまう。 納得いかない天海だったが、その矢先に週刊誌に自信の癒着疑惑が掲載される。 天海は否定したが、環境省で謹慎を言い渡される。
絶体絶命のピンチの中、田所は海上保安庁のデータを入手すれば、解決の糸口になるかもしれないと言う。天海は常盤(松山ケンイチ)に入手をお願いするが・・・ そんな中、記者の椎名()は天海の地元を訪れていた。そこで天海の母(風吹ジュン)さんに接触を図っていた。 内外に追い込まれる天海と田所。 国民を守るために逆転の一手をうてるのか!

過去の放送をParaviで視聴