• この番組の放送は終了しました

庶務行員・多加賀主水4

ドラマ

ドラマスペシャル 庶務行員・多加賀主水4[解][字]

<高橋克典主演!銀行のお客様案内係が巨悪を倒す、痛快銀行ミステリー!!>街を襲う連続放火魔!!誘拐、詐欺…連動して次々と起こる事件…銀行の何でも屋が巨大陰謀を暴く!

2月16日 日曜 21:00 -23:05 テレビ朝日

多加賀主水(高橋克典)は、第七明和銀行・高田通り支店の庶務行員。悪事を見逃せず、至る所で罪を告発しては、職を転々としてきたが、いまや庶務行員として町の人気者に。ある夜、街で放火事件が発生。被害に遭った壱岐(ダンディ坂野)によると、犯人は狐面をつけた男で、現場に「高田稲荷が天誅を下す」という貼紙と、第七明和銀行のタオルが残されていた…。それを受け、夜回りを始める主水たちだったが、すぐさま次の放火が発生!
ゴミ屋敷で有名な八雲(槙尾ユウスケ)の家に、再び狐面の男が火を放ったのだ。事件当日、営業課の吉瀬(岡田義徳)が「今に天罰が下るぞ」と八雲に言い捨てる姿を見かけていた主水は、彼に疑惑を抱く。吉瀬は、上司のパワハラだけでなく、取引先の建設会社社長・五大正信(小木茂光)からも融資の圧力をかけられていたようで…。そんな中、主水は元教師の大沢勝子(市毛良枝)宅の前で寂しく佇む男の子・新藤光一(盛永晶月)を見かけるが…