• この番組の放送は終了しました

FNSドキュメンタリー大賞

ドキュメンタリー/教養

<FNSドキュメンタリー大賞>かか 親と子のかけ橋〜小児言語聴覚士の希望と現実…

子供ひとりひとりと向き合いながら、子供、家族を支える小児言語療法の現場。意思疎通ができた時のうれしさ、コミュニケーションのありがたさを伝えます。

8月6日 木曜 2:50 -3:45 フジテレビ

何気なく交わしている会話やコミュニケーションですが、中にはそれを上手くできない子供たちがいます。 発達障害や、吃音、難聴など様々な理由で言葉に遅れが生じ、コミュニケーションが上手くできない。伝えたいことが親にも伝えられない、そんな子供たちを支援するのが小児言語聴覚士です。言語聴覚士は1997年に国家資格となった比較的新しい資格です。他のリハビリの国家資格、理学療法士や作業療法士と比べると
まだ認知度は低く、資格者数も多くありません。加えて、少子高齢化が進む現在、高齢者や成人を対象とする摂食えん下障害へのニーズが高まり、その支援を行う言語聴覚士の割合が大きくなっています。そのため対象となる子供に対し「十分な支援が受けられない」と考えている家族がいます。病院、教育機関の取材の中から子供ひとりひとりと向き合いながら、子供を、そして家族を支える小児言語聴覚士の大きな存在が見えてきました。

  • 正式タイトル

    かか 親と子のかけ橋〜小児言語聴覚士の希望と現実〜

  • 出演者

    【ナレーション】 廣川明美

  • スタッフ

    【プロデューサー】 酒井昌彦  【ディレクター】 佐藤航  【編集】 竹内清貴