• この番組の放送は終了しました

善徳女王

ドラマ

韓国ドラマ「善徳女王」 ★第46話「恐怖政治」〔字幕スーパー〕

朝鮮半島初の女帝ーその誕生と波乱に満ちた半生を描くサクセスストーリー

7月1日 水曜 11:00 -11:55 TOKYO MX1

チンピョン王の正妃マヤ夫人は双子の姉妹を出産するが「双子を産むと王族の男子が絶える」との言い伝えにより、妹トンマンは侍女に託される。トンマンは好奇心旺盛でたくましい少女に成長。一方、美しく聡明に育った姉チョンミョン。その後、二人の王女は運命に導かれるように出会う。妹と知らぬままトンマンに未知の可能性を感じたチョンミョン。やがて自分が王女だと知ったトンマンは、三国統一の夢の実現に乗り出す。
≪今回のあらすじ≫ピダムの活躍により、トンマンとチュンチュは宮殿の外へ。宮殿内では、ユシン、アルチョンらが激しい拷問に耐えていた。ミシルは衛国府(ウィグップ)という最高機関を作り、新羅を掌握することに成功。奪った玉璽を使い、陛下の全ての権限を自分が委任すると臣下たちに宣告、逆らう者は死刑と強硬姿勢に出ていた。