• この番組の放送は終了しました

ドラマ

<TSKごごPlus>・BOSS#7[再][字]

男が対策室に立て籠もった。見れば毒ガス発生装置のスイッチを持っている。この男の狙いは!?次々に出される宿題に翻弄される対策室。明かされる衝撃の過去…

5月10日 月曜 15:50 -16:45 さんいん中央テレビ1

警視庁内で「都民交流会」というイベントが開かれ、一般市民が見学にやってきた。忙しい時期に対策室のメンバーも庁内の案内係として借り出されたため、大澤絵里子(天海祐希)は不機嫌になる。しかし、野立信次郎(竹野内豊)や、片桐琢磨(玉山鉄二)ら対策室のメンバーは、まんざらでもない様子だった。  そんな隙を突いて、取調室にひとりの男(田中圭)が立て籠もった。男は、持っていた手錠の片方を自分の手に、
もう一方を室内に固定し、カギを飲み込んでしまった。花形一平(溝端淳平)から報告を受けた絵里子が駆けつけると、男は自分が誰か思い出してくれ、そのための宿題を出した、対策室のみなさんの時計を巻き戻しに来た、などと謎めいたことを言う。  その頃、対策室にいた山村啓輔(温水洋一)と岩井善治(ケンドーコバヤシ)が、“取調室の男"という差出人からのメールを受信。そこには、バス停を写した写真が添付されていて、
その後、そこで爆発が発生した。爆発したのはゴミ箱で、そこから発生したガスを吸った通行人が病院に搬送されるという事態になった。  もはや、男と爆発事件の関連は明らかだが、男が持つ身分証明書は偽造されたもので身元も特定できない。  そんななか、対策室のパソコンに、“取調室の男"からの「宿題」が届いた。制限時間20分というその「宿題」に、絵里子も野立も手掛かりを見いだせず…。