• この番組の放送は終了しました

ニュース/報道

世界法廷ミステリー 暴かれた完全犯罪[再][字]

世界法廷ミステリー13 殺人事件の証言者が襲われた…黒幕は誰だ!不倫女検事が隠した黒塗り写真&完全犯罪暴く決定的映像▽少女が失踪「俺が殺した」告白映像の真実

5月23日 土曜 13:30 -15:25 フジテレビ

実際の裁判映像や証言を手がかりに、殺害現場に残された証拠などから事件の謎に迫る人気シリーズ『世界法廷ミステリー』第13弾。 1.遺体なき殺人の告白 2016年12月、米・ニュージャージー州で19歳の女性・サラが姿を消した。橋の上にはサラの車が残され、彼女の姿は見当たらない。警察は自殺の可能性も視野に入れ捜索を開始。サラは4年前に母親を亡くして以来父親との関係に悩み、町を出る準備をしていたという。
また、行方不明になる当日に銀行で大金を下ろすサラの姿も防犯カメラに映っていた。さらに自宅近くの防犯カメラには、怪しい人物の姿もー。しかし、これ以上の手がかりは見つからなかった。 だが1年後、サラはいまだ行方不明なのに“殺害"容疑である人物が逮捕された…。 2.狙われた証言者 2016年8月、米・ミズーリ州に住む女性・パメラから警察に通報があった。電話からはパメラの悲鳴と5発の銃声が。
駆けつけた警察が目にしたのは男の遺体。彼女は家にあった護身用の銃で侵入してきた男に向かって発砲し、助かったという。男のズボンのポケットからは「彼女を殺せ…首にナイフが刺さったままにしろ」という犯行指示のメモと現金900ドルが発見された。 実はパメラは、5年前に起きた殺人事件解決へと導いたキーパーソン。そして、メモに書かれていたのは、彼女が証言をした5年前の事件の被害者と同じ状況だったのだ…。

「世界法廷ミステリー 暴かれた完全犯罪[再][字]」に興味がある人が他にもチェックしている番組