• この番組の放送は終了しました

世界遺産

ドキュメンタリー/教養

世界遺産「1万年上昇しつづける大地!スウェーデンの島々」[解][字]

スウェーデンとフィンランドの「ハイコーストとクヴァルケン群島」。1万年前から大地が隆起を続け、土地が200m上昇!海が消え、陸地が増え続ける景観の変化が見もの。

11月22日 日曜 18:00 -18:30 TBS1

世界遺産「1万年上昇しつづける大地!スウェーデンの島々」[解][字]

北欧のボスニア湾沿岸、1万年前から土地が隆起しつづける、世界でも珍しい地域が世界遺産となっている。スウェーデンのハイコースト、フィンランドのクヴァルケン群島。重しとなっていた巨大な氷河が消え、その反動で大地が隆起するリバウンド現象が見られる。今も1年に9mmも土地が上昇し、両国では国土が拡大し続けている。海の中にあった土地が山になったり、氷河が刻んだ模様が島になったり、不思議な地形が見どころ。
ディレクター/小澤政志 コーディネーターと密に連絡をとり、現地スタッフが撮影してくれました。「大地が隆起した」ということは空から見て初めて実感できるもの。壮大な空撮は必見です。
次回は、スペインの空中都市「クエンカ」。細長い断崖の上にひしめき合うように築かれた街。中には、宙に浮いているかのような建物“宙吊りの家"も。何故こんな不思議な町ができたのか?その秘密に迫る。