• この番組の放送は終了しました

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅

ドキュメンタリー/教養

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅[字]

草や木を供養する石碑が今も残る飯豊連峰の麓の里。ここで作られてきたのが東北の夏を彩る花笠祭りの主役スゲ笠だ。スゲを刈った後の草むらには多くの生きものが暮らす。

8月2日 日曜 13:35 -13:45 NHK総合1・東京

飯豊連峰の麓、屋敷林が点在する美しい風景で知られる飯豊町。ここには人々が昔から利用してきた草や木を供養する草木塔(ソウモクトウ)と呼ばれる石碑が今も残る。この地方に多く自生するスゲも人々が利用してきた草の一つ。農家の副業として東北の夏を彩る花笠祭り用のスゲ笠が作らている。笠作りのために毎年刈り取られるスゲ。人の手が入ることで美しい里山の風景が守られ、多くの生きものの大切なすみかになっている。