ドキュメンタリー/教養

ネコメンタリー 「深緑野分(ふかみどり・のわき)としおりとこぐち」[解][字][再]

もの書く人の傍らにはいつも猫がいた。作家と愛猫の日常を描く異色ドキュメント。今回はユニークな作品世界を構築、人気のミステリー作家・深緑野分編。朗読は多部未華子

5月9日 日曜 16:10 -16:35 NHKEテレ1北見

直木賞や本屋大賞などにノミネート、気鋭のミステリー作家・深緑野分。ボランティアを通じて引きとったという2匹姉妹猫は今年で7歳、キジトラの「しおり」と白黒ハチワレの「こぐち」だ。名前の由来は「栞」と書物の背と反対側の「小口」と呼ばれる部分からと、いずれも小説家らしく本にちなむ。書庫と化した自宅で、読書と執筆で想像力の世界に遊ぶ日々の深緑さんは、猫と遊ぶ…のではなく、猫と群れているのだとか。その心は?