ドラマ

【土曜時代ドラマ】立花登青春手控え3(4)「影法師」[解][字]

登(溝端淳平)は人を刺した罪で牢に入っているおちせに、たびたび見舞いの品を差し入れる杉蔵のことを応援していた。しかし放免になったおちせは行方をくらませてしまう。

5月8日 土曜 18:05 -18:45 NHK総合1・静岡

【土曜時代ドラマ】立花登青春手控え3(4)「影法師」[解][字]

登(溝端淳平)は包丁で人を刺した罪で牢(ろう)に入っているおちせ(川添野愛)にたびたび見舞いの品を差し入れる杉蔵(落合モトキ)という男のことを応援していた。おちせと杉蔵がそのうち所帯を持てば良いと考えていたが、放免になったおちせは杉蔵の元へ現れず行方をくらませてしまう。おちせが傷害事件を起こした原因が母の死にあると知った登は、その行方を懸命に探す。すると彼女が初老の男と一緒に暮らしていると分かり…