• この番組の放送は終了しました

アライブ がん専門医のカルテ

ドラマ

<木曜劇場>アライブ がん専門医のカルテ【孤立する高齢の親子とがん】 #07[字][デ]

膀胱がんの60代の父と、引きこもりの30代の息子。長い間、口をきいていない二人きりの親子。孤立する彼らを救えるかーそしてあの医療ミスが決着する時が来る

2月20日 木曜 22:00 -22:54 フジテレビ

<木曜劇場>アライブ がん専門医のカルテ【孤立する高齢の親子とがん】 #07[字][デ]

恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。薫の心中は複雑だ。 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、
経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。
治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り……。