• この番組の放送は終了しました

浮世絵EDO-LIFE

ドキュメンタリー/教養

浮世絵EDO−LIFE▽大きな鯉(こい)のぼり広重“名所江戸百景 水道橋駿河台”

浮世絵の世界をのぞいてみれば、江戸のリアルな暮らしが見えてくる!端午の節句の鯉のぼり、江戸の空にもはためいていた!でもよく見ると各家の飾り方に違いがあるようで…

5月5日 水曜 5:55 -6:00 NHKEテレ1東京

大空に大きな鯉(こい)のぼりが泳ぐ端午の節句の風景。その下には神田川。中国の「登竜門」の逸話のごとく、まるで水中から鯉が飛び跳ねたような威勢のよい一枚。手前の川辺には飾り用のかぶとを持って歩く人の姿がみえる。水道橋の上には馬に乗ったお武家さんらしき姿。彼らの歩く先に広がる武家屋敷。この一帯にはためくのは、たくさんの幟旗(のぼりばた)。鯉のぼりと幟旗、それぞれの飾り方には、どんな違いがあるのだろう?