• この番組の放送は終了しました

日曜美術館

趣味/教育

日曜美術館「そばにいつも絵があった 妻が語る画家・神田日勝」[字][再]

北海道の開拓に生きた画家・神田日勝。ベニヤ板の絶筆「半身の馬」が圧倒的な力で迫ってくる。没後50年、32歳の若さで亡くなった夫・日勝の素顔を妻のミサ子さんが語る

10月18日 日曜 20:00 -20:45 NHKEテレ1東京

朝ドラ「なつぞら」に登場した山田天陽。そのモデルとなった夭折の画家、神田日勝。32歳で亡くなった夫を支えた妻のミサ子さん。わずか8年半の夫婦生活。北の大地での開拓、子育て、牛馬との暮らし、そして絵。地方から最先端の絵を知ろうと必死にもがく姿。目まぐるしく画風を変えながら、やがて独自の絵を生む。牛馬への思い、ベニヤ板に刻んだ絶筆「未完 半身の馬」に込めたもの、そして50年目の夫婦のズボンの意味とは?