趣味/教育

九州をゆく

『扇森稲荷神社 初午大祭』(大分県竹田市)

3月2日 火曜 11:20 -11:35 yab山口朝日1

大分県竹田市の扇森稲荷神社は、古くから“こうとうさま"と呼ばれてきた。その名の由来は不明だが、すぐそばには5世紀末の古墳があり、その頃から信仰を集めてきたとされる。 稲荷神社になったのは江戸時代初め。岡城藩主が京都伏見稲荷の分霊を祀り、今では九州三大稲荷のひとつとされる。 旧暦2月最初の午の日に行われる「初午大祭」を紹介する。