• この番組の放送は終了しました

ドラマ

水戸黄門・第38部 #13[字]

里見浩太朗演じる黄門様が、瀬戸内で起きた藩の合併騒動を収めに8回目の世直し旅へ。小沢真珠が騒動解決のために活躍する娘・志保を演じ、一行に同行する。

4月9日 金曜 6:00 -7:00 TBSチャンネル1

#13「弥七に恋した影の女 −尾張−」尾張に着いた黄門様(里見浩太朗)は若い頃の学友、津田清芳(小西良太郎)を訪ねる。清芳の孫娘、美沙(楯真由子)によると、清芳は数日前、何者かに襲われて意識不明の危篤状態だという。黄門様が声をかけると清芳は謎の言葉を残して息を引き取った。清芳が残した日記などを調べるうちに、清芳が隠密だったことと、裏柳生と呼ばれる忍者軍団が幕府転覆の野望を抱いていることが分かり…