• この番組の放送は終了しました

ドラマ

みちのく祭り殺人行

【死んだ妻からの電話】元エリート銀行マンの俊一郎(古谷一行)のもとに自殺したはずの妻・秋子(伊藤蘭)を名乗る電話がくる。彼女は自分は殺されたと訴える/2001年

10月24日 土曜 8:40 -10:20 銀河◆歴ドラ・サスペ

元エリート銀行マンの長崎俊一郎(古谷一行)は、6年前、妻に自殺された過去を背負っていた。それを振り払うため、今は単身東京で警備員をしている。ある朝、会社を出た俊一郎の目前でビルの屋上から男が落下した。警察の見解は自殺。事情聴取を受けた俊一郎は、亡くなった妻・秋子(伊藤蘭)を思い出す。その日、俊一郎のもとに死んだはずの秋子を名乗る電話が来る。彼女は自分は殺されたのだと訴え・・・。