フリースタイルスキー FIS W杯21/22

スポーツ

フリースタイルスキー FIS W杯21/22【男女モーグル】ディアバレー(1/13-14)

【男女 モーグル】 解説:原大虎 実況:谷口廣明 開催日:2022年1月13-14日(現地) 開催地:ディアバレー,アメリカ

1月17日 月曜 6:30 -9:30 J SPORTS 3

■ワールドカップスタンディング (男子モーグル総合) 1位:M.キングスベリー(カナダ)/592p 2位:堀島行真/520p 3位:W.ワルバーグ(スウェーデン)/357p 5位:杉本幸祐/252p 7位:原大智/208p (2022/1/8 トランブラン大会終了時点)
■ワールドカップスタンディング (女子モーグル総合) 1位:J.アンソニー(オーストラリア)/525p 2位:P.ラフォン(フランス)/466p 3位:川村あんり/432p 6位:柳本理乃/238p 10位:住吉輝紗良/163p 11位:冨高日向子/162p 13位:星野純子/139p 23位:中尾春香/78p (2022/1/8 トランブラン大会終了時点)
ノルウェー語で雪上のコブを意味するモーグル競技とは、雪面に規則的なコブが配置された急斜面での滑走を、高いターン技術、エアー演技、ハイスピードの3要素で審査する競技。オリンピック、世界選手権に並ぶのがFIS(国際スキー連盟)が主催するワールドカップ。
男子の注目は日本のエース堀島行真。 開幕戦から安定した成績を残しており、北京五輪に向け期待が懸かる。 今シーズンこそは絶対王者ミカエル・キングスベリー(カナダ)らライバル達に勝利して悲願の年間総合優勝を狙う。
また、平昌五輪銅メダルの原大智がモーグル復帰。“二刀流”で活躍している競輪に専念するため、ワールドカップに挑むのは今シーズン限りとなるが、モーグル競技人生の集大成となるラストシーズンでの活躍に目が離せない。
女子では、2020/21シーズンをランキング2位で終え、今季イドレ大会ではW杯初優勝を飾った17歳の新星・川村あんりに注目。W杯4連覇中の女王ペリーヌ・ラフォン(フランス)の牙城を崩し、上村愛子を超える史上最年少王者への期待が懸かる!
その他にも、昨シーズン自身初の3位表彰台を獲得した住吉輝紗良や、大舞台での強さを見せる冨高日向子、デュアルモーグル・ルカ大会でW杯初表彰台に上った柳本理乃らの滑りにも注目。 北京五輪直前となる重要なシーズン、男女ともにメダル獲得が期待されるSNOW JAPANの活躍を見逃すな! 詳しくはこちら https://www.jsports.co.jp/ski/mogul/

  • お知らせ

    この番組は2Kで制作されたものです