• この番組の放送は終了しました

八百八町夢日記

ドラマ

時代劇 八百八町夢日記 第11話「夫婦舟浮き沈み」

江戸にはびこる悪を退治するため、北町奉行とねずみ小僧次郎吉が手を組んだ!隠密捜査で証拠をつかみ、悪党どもに引導を渡す!「関わりなき者は去れ!さもなくば、斬る!」

5月4日 火曜 18:00 -18:55 BS日テレ

夢之介は、相州から出訴するためわざわざ江戸北町奉行所にやってきた女・お甲の心意気に打たれ、調査を始めた。訴えの内容はたわいのない離縁騒ぎ。お甲は夫で村の庄屋を務める市太郎から三行半を受けたことから、その調停を求めてきたのである。夢之介は市太郎とお甲の父・角兵衛の呼び出しを決定。お甲を追ってきた村の代官所の冬木らが勘定奉行・川窪藤十郎の屋敷に寄宿していたことから、次郎吉に探索を指示。