• この番組の放送は終了しました

あぐり

ドラマ

【連続テレビ小説】あぐり(100)「受験生の母」[解][字]

90歳を越えても美容師を続けた吉行あぐりをモデルに、ヒロインが明治、大正、昭和、平成と天性の明るさで時代を駆け抜けて行く半生記。1997年放送の連続テレビ小説。

7月22日 木曜 7:15 -7:30 NHKBSプレミアム

翌年2月、卒業後は大工の修行を始める安吉(坂本修聡)や、建築家や弁護士を目指すという尚久(西翔平)や南(松田聡也)と違い、目的のない淳之介(生田斗真)。中学受験を控え晩ごはんも食べない淳之介を心配し、光代(星由里子)はあぐり(田中美里)にもっと子供に関心をもつように言う。毎晩出かける淳之介の行動を不審に思ったあぐりは、淳之介が毎晩安吉の家に通っていることを知り、安吉の母(宮地雅子)には感謝され…。