• この番組の放送は終了しました

アルペンスキー FIS W杯21/22

スポーツ

アルペンスキー FIS W杯21/22【男子滑降】ウェンゲン

【男子ダウンヒル(DH)】 解説:相原博之 実況:加藤暁 開催日:2022年1月15日(現地) 開催地:ウェンゲン,スイス

1月19日 水曜 14:00 -16:00 J SPORTS 2

■ワールドカップスタンディング (男子総合) 1位:M.オデルマット(スイス)/845p 2位:A.オーモット・キルデ(ノルウェー)/469p 3位:M.マイヤー(オーストリア)/447p 4位:A.パントゥロー(フランス)/382p 5位:V.クリッヒマイヤー(オーストリア)/373p (2022/1/9 アーデルボーデン大会終了時点)
■ワールドカップスタンディング (男子ダウンヒル) 1位:D.パリス(イタリア)/227p 2位:M.マイヤー(オーストリア)/217p 3位:N.ヒンテルマン(スイス)/178p 4位:A.オーモット・キルデ(ノルウェー)/169p 5位:B.フォイツ(スイス)/165p (2021/12/28 ボルミオ大会終了時点)
雪上のF1と呼ばれ、そのスピードと迫力で世界的な人気を誇るアルペンスキー。 その中でもオリンピック、世界選手権に並ぶのがFIS(国際スキー連盟)が主催するワールドカップ。世界中を転戦することから白いサーカスとも呼ばれる。 群雄割拠となった男子アルペンスキーFISワールドカップ。今シーズンは北京冬季五輪を迎える重要なシーズン。
2021/22シーズンの総合優勝の行方は新王者、アレクシ・パントゥローに加え、W杯通算23勝を誇る名門ノルウェー出身のヘンリック・クリストファーセン、高速系を主戦場として戦うスイスのマルコ・オデルマットらの戦いに注目。
また各タイトル争いも熾烈となっており、フランス期待のクレメント・ノエル、異例の身長2m越え“スイスの巨人”ラモン・ゼンハーセンらが、打倒マルコ・シュウォーツに挑むスラロームや、圧倒的な強さを見せるベアト・フォイツのダウンヒル連覇を誰が止めるのかにも注目が集まる。
日本勢ではマドンナ・ディ・カンピリオ大会で8位入賞の快挙を果たした小山陽平や、パラレルでW杯ポイントを獲得した加藤聖五が互いに切磋琢磨する。世界の戦いに割って入るのは誰だ? 詳しくはこちら https://www.jsports.co.jp/ski/alpine/

  • お知らせ

    この番組は2Kで制作されたものです