• この番組の放送は終了しました

祝日特別番組シリーズ 愉しや!にっぽん再発見 みどりの日スペシャル

情報/ワイドショー

祝日特別番組シリーズ 愉しや!にっぽん再発見 みどりの日スペシャル

未来を変えるSDGsの扉▼今注目の「SDGs」を分かりやすく解説。徳光さんが素朴な疑問を専門家にぶつけ、「SDGs」の様々な取り組みを紹介。日本の最先端技術の活躍も登場!

5月4日 火曜 19:03 -20:58 BS11イレブン

BS11が国民の祝日にお送りしている特別番組シリーズ「愉しや!にっぽん再発見」。2回目は5月4日みどりの日スペシャルです! テーマは今注目の「SDGs(持続可能な開発目標)」。でも、「よく耳にするけれど今一つどんなことか分からない」という方も多いのでは?そんな一人の徳光和夫さんが視聴者の皆さんに成り代わって、SDGsの専門家、慶應大学大学院教授の蟹江憲史さんに様々な疑問を投げかけていきます。
SDGsの多くの分野で活躍する、にっぽんの最先端技術を再発見します!
★『SDGsとは?』 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な開発目標と訳され、2015年に国連で策定された17の目標のこと。2030年までの達成を目指し、その内容は貧困や飢餓の撲滅、ジェンダーの平等、環境やエネルギー分野、経済面の目標など多岐に渡ります。今回は、その中から日本の最先端技術が貢献する取り組みを紹介します。 ★『宇宙ゴミをゼロに!日本の町工場が開発した衛星!』
宇宙開発で人工衛星が増え続けた結果、衝突が多発し、今、地球の周りでは「宇宙ゴミ」が大量に漂っています。このままでは天気予報やGPSの技術が使えなくなる可能性があるのです。そこで東京・下町の町工場が開発したのが、磁石の力で宇宙ゴミを捕獲する人工衛星。今年の3月に打ち上げに成功しました。SDGs目標の9番、持続可能な産業化と技術革新、11番の人間の居住地を持続可能に、などに貢献します。
★『寒冷地でも南国でも!驚きの野菜工場』SDGs1番と2番の目標が「貧困」「飢餓」の解消。そのために今、日本で行われているのが、種撒きから収穫まで人工的に管理された野菜工場での生産方法。南極・昭和基地や沖縄でも取り入れられ、今後、乾燥地帯の国々への普及を目指します。 ★『地球を救う!絶品!コオロギラーメン』★『驚きの最先端ロボット!』 ★『林業に革命が!循環型の町作り』 ★『ゴミ・ゼロの町が実現!』

  • 出演者

    【MC】徳光和夫 【進行】槙あやな 【ゲスト】蟹江憲史(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授)

  • おしらせ

    BS11公式WEBサイトでは、みなさまからのメッセージを受け付け、公開しております。番組への率直ご意見やご感想など、どしどしお寄せ下さい。お待ちしております!